ボディーカバー脱着システムバージョンアップ

オルビスにボディーカバーを使うようになって一年程経ちました。

テニスボールを使ったオリジナルの脱着システムにもすっかり慣れました。

脱着システムの記事はこちら…
http://comtech293.blog.fc2.com/blog-entry-1011.html

しかし、当初から気になっていたのが、ボディーカバーを引っ張る際のルーフリア部分のロープとの摩擦です。

回数を重ねて擦り傷が付いてきました。

これを防ぐにはルーフより高い位置からロープを引っ張らなくてはいけません。

そこでキャンピングカー後方のデッキの上。つまりベランダの下の柱にこんなものを取り付けました。



そこにS字フックを吊り下げ、その先に滑車を取り付け、ボディーカバーを引っ張るロープを通します。



ロープを引っ張ると~




ご覧のように高い位置からロープを引っ張る事ができます。





これで安心してカバー脱着が出来そうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

夫婦ゲンカしたら吊るされそうですね^ ^

ウィークエンダーでは

カバー脱着時のルーフ傷は避けられませんよね。
特にルーフの四つ角の塗装が剥げます。

そこで、ウィークエンダーでは、ルーフ角にカバースライディングパイプを取付ていました。

知らない人が見ますと、竹やりに見えたかも知れませんね。
ここは、ルーフ全体を覆うガードパイプ設置しか無いのかも。
(^^:

Re: ウィークエンダーでは

keny師匠!

カバースライディングパイプなるものがわかりませんよ?

Re: No title

5starさん。

そういう使い方もあったとは😱
プロフィール

COMTECH

Author:COMTECH
FC2ブログへようこそ!
夫婦で美味しいもの、美味しいお酒を求めて、キャンピングカーの旅をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR